インドのED治療薬が安い理由

ED薬は、勃起不全を治療するためのお薬です。
国内では医師の処方で手に入れる事が出来ます。
しかしながら小さな町など田舎の方では、通院した事が噂になり周囲にインポである事実がバレるなどの弊害もあるようです。
他にもグレーな入手方法としてアンダーグラウンドな売人による無許可販売などで手に入れるケースも少なくありませんが、デメリットが偽薬が流通している点です。
そんな中、インターネットの普及により海外から個人輸入という形式で通販する事でも手に入れる事が出来ます。
元々はアメリカのファイザー社がバイアグラを開発したようにレビトラは、ドイツのバイエル社、シアリスはアメリカのイーライリリー社が開発した医薬品です。
海外から同3種の先発薬を個人輸入しても、国内で医師に処方してもらっても価格的には大差がありません。
何故ならばED治療薬は、保険適用外の医薬品だからです。
では?どの位の価格で手に入れる事が出来るのかというと1錠@1500円前後の薬価となります。
一晩のセックスに1500円の薬価では、高くて慎重に利用さぜる終えません。
しかし情報アンテナの高い人は知っている究極の節約術があるのです。
特にインターネット利用者であれば、どこかで見たことがあるインドのジェネリック医薬品です。
インドという国は、人の生命に関わる事案には一部の特許を認めていない国です。
医薬品とは、まさに人の生命に関わる商品なので、製造特許は認めているものの成分特許は認めていないのです。
製造特許とは製造工程(順番)を特許として認めった物で、成分特許は言葉のままです。
日本でも1970年代までは、同様に成分特許を認めていませんでしたが、製薬会社が研究しても利益を得られない事に気づき、現在は成分特許も認めて先進国となりました。
インドでは様々な医薬品が製造されており、貧困国の医者と呼ばれるほど、アフリカ圏などに医薬品が流通しています。
アメリカや日本などの先進国から薬を購入すると薬価が莫大になってしまう為、正式には認めていないインドから安価な医薬品が流通している訳です。
バイアグラやレビトラ・シアリスも様々なインドの製薬会社から販売されており、それを個人輸入で通販する事によって安価でED治療薬を手に入れる事が出来るのです。
国内で処方される1錠が1500円なのに対し、インド製のジェネリックであれば150円(1/10)で購入出来ます。
1錠100円前後であれば、経済的にもそこまで気にする事では無い価格です。
注意点は、日本の薬事法により1ヶ月に輸入出来る量が定められており30錠までとなる点です。
ルールを守り正しく賢く利用して見て下さい。